ユーザにアンケートを取るなら購買直後に

実際に体験し成功したのが購入後ユーザアンケートである。サンクスページ(購入完了ページ)にアンケートフォームを設置しただけでアンケートの回答者数は倍以上になった。

購入直後のアンケートフォームのメリットは以下の通りである。

ユーザプロフィールが判る

購入直後だから、メールでも、名前でも何か手がかりになるもの一つあれば他のプローフィール(性別、年齢、所在地)等を聞く必要が無い。逆に購入させるために省いた項目を聞くこともできる。

「ゼロスタートじゃない。」「購入者である。」私なら幾ばくか割り引きしてでもご意見を伺いたい対象である。

オファーを付けやすい

商品を買ったわけだから、次のステップは配送である。配送の状態や委託状態によっては手間とコストが掛かる場合もあるが、配送先が同じである場合が多く、配送費用の手間を省く事も可能だ。

よって、割り引き以外の「◎◎プレゼント」(オファー)を付けやすい。

アンケートの回答にオファーは必須である。オファーの内容にもよるがオファーがある場合の回答率は購入者の60%だったのに対し、オファー無しのアンケート回答率は10%以下だった。(500人を対象)

もし、購入者でなければ1%でも難しい事を考えれば高い方だが、やはりオファーを付けた方がスピード感、統計母数の集まり具合が違う。

ユーザマインドが高い

購入した瞬間は高揚感を少なからず伴っているはずである。どのような日用品であっても。物を買うのには衝動が必要であり、気持ちの高ぶりがある。その瞬間にアンケートするのと、その後、例え30分、1時間置いてからアンケートを取るのでは回答率が全く違う。

さらに直後であれば購入動機を鮮明に覚えているため回答の精度を上げやすいというメリットもある。

ECショップ成功の鍵はユーザ分析である。是非、購入者アンケートを試してみて欲しい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このサイトのテンプレート

このページの先頭へ