ECは商品写真で始まり商品写真で売れる

もし売れないと悩んでいるなら、それは写真やバナーの商品が単に魅力的に見えていないだけかもしれない。

我々が運用するサイトでは、写真を変えただけ、写真の順番を並び替えただけ、写真を1つ追加しただけで売り上げが改善したケースも多くあった。

商品写真は自分でも撮れる事

商品の写真を取る技術は「絶対に必要」。自分で画像を作ったりするのが苦手で外注しているのはOK。いまどきならクラウドソーシング(ランサーズやクラウドワークスなど)に依頼すれば1日待たずとも新しいバナーが提案される。

それで十分。スキルを持ったデザイナーが揃っているので安くても高品質のバナーが納品される。

だが、商品の写真は時間が掛かる上に指示も難しい。商品を手に入れる所からスタートするわけだし、相応の時間が掛かる。色々な色、表現、パターンを検討する時に自分にも撮る技術が無いとクラウドソーシングでは上手くいかない事も多い。

特に利用シーンや季節感を考えたら「自分でも撮れるがプロならもっと上手になるはず」という線引きを作る必要がある。自分である程度パターンを掴んだ後でプロに意見を求め、より良い機材で再撮影してもらうという方法だ。

特に置き撮り専門のプロカメラマンから見れば「何が成功」で「何が改善点なのか」直ぐに判るはず。

商品写真のバリエーションテストをする

売れない場合、真っ先に試して欲しいのが商品写真の変更。想定以上に売れた時、メモっておきたいのも商品写真の状態である。特にYahoo!や楽天のようなショッピングポータルの場合、写真(とバナー作り込み)でほぼ決まるといっても過言ではないだろう。

商品の写真は時間、期間を決めて差し替え、売り上げやクリック数を確認するのも重要だ。

A/Bテストといって本来は、ほぼシチュエーションが同じ状態でランダムに複数パターンを提示して計測するのが正しいやり方だが、ツールも必要だし、ショッピングポータルではJavascriptの挿入も出来ない事が多いので、期間を決めて変更するというのが無難であろう。

これは流石に無理

例えば「上手そうに冷えたビールがジョッキに注がれる様子」。相当に難しいパターンである。そのようなイメージ写真の方が売れるのであれば是非プロに頼むべきだ。

但し、始めに「値段だけで買いにきた人」「雰囲気に流されやすい人」「たまたま来店した人」「見た目も大事な人」、どの客が多いのかリサーチしてからの方が良い。

判っていないのに写真を変更しても効果は全く出ない。とことん顧客を知る事。店舗運営の鉄則である。

関連:ECにおけるアンケートフォーム設置の有用性

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このサイトのテンプレート

このページの先頭へ