Yahoo!ショッピングのSEOで注意すべき10のポイント

Yahoo!ショッピングが出店無料をアナウンスしてから半年。実際に出店してから受注するまでに習得した10のメソッドを紹介する。

SEO(検索エンジン最適化)は必須

SEO(Search Engine Optimization /検索エンジン最適化)は必須である。出店したら人が集まるシステムではない。何もしなければ全く来店しない。

Yahoo!ショッピングのSEOは世間でいうSEOとは少し違う。Yahoo!の通常の検索とも違う。

Yahoo!日本の一般検索はGoogleのインデクス(ランキング)を使用しているから、Google作法のSEOが必要だが、Yahoo!ショッピング内のショップと商品の検索はYahoo!独自のアルゴリズムを利用している。「謎仕様」で有名だ。

だからGoogleのランキングとは全く異なる順位になる。逆に言えばGoogleで上位にいけないショップもYahoo!内なら目はある。

Yahoo!ショッピング SEO対策のポイント

1.勝負するカテゴリ

細分化されたショップのカテゴリの中で、どこで勝負するのが妥当なのか見極める事が最初にやるべき事である。

的外れなカテゴリも、逆に非常に競争が激しいカテゴリに無策で参入するのも上手くいかない。

まず、どのカテゴリなら扱う商品が「売れる」「クリックされる」「最悪、比較くらいはされる」のかを確認する事がポイントである。その時ショップ数を確認する事も重要。

201405112

競合数、競合店舗数、競合アイテム数はかなり重要である。出店前に決める最初のポイントである。

2.キーワード+商品名を入れる

店名だけでは検索に掛からない。例えば「X-Shop(架空)」という店舗が有ったとする。何を売っているか判らない。何が特長かも判らない。
しかし、店名には制約があり過剰な謳い文句を入れる事は出来ない。

つまり、商品ページ勝負なのだ。まずはこの原則を確認しておこう。商品のフレーズ(キーワード)を検索したとき1ページ目、最悪でも2ページ目に入らないと売り上げは担保できない。

商品名のタイトルにキーワードを入れる事が最も重要なのである。

3.ECショップの常套句を押さえる

売れる常套句は決まっている。ベタな戦術だが「謳い文句」を入れないとクリックされない。クリックされないとSEO評価は上がらない。

  • 激安、格安
  • 送料無料
  • 今なら、今だけ
  • 全品◎%OFF
  • ポイント◎倍

過剰表現は禁止なので「当店だけ〜」のような表現は不可であり、「激安、格安」以外の謳い文句は実行に追加出費や利益率の圧迫という痛みを伴う施策である。

出店無料だからといって0円で済ます事はかなり難しい。

各商品の販促費利益率をきっちり計算しておかないと上手くいかない。広告も必要である。出店するならその程度の覚悟は必要ということになる。

4.14文字のタイトルとdescription

まず商品タイトルで検索結果に表示されるのは14文字で以降は3点リーダー(…)で省略される。重要な商品名が隠れないようにする。

その上でdescription(詳細説明)はきっちり入れよう。keyword(キーワード)は2〜3に抑える。これを励行するだけでも順位は上がる。
また重要な言葉には強調タグをしっかり入れよう。

[参考]Yahoo!Japanストア [第7回]キャッチコピー(Headline)の活用法

5.キャッチコピー

商品ページ作成欄にあるこのキャッチコピーという欄。必須ではないので見落とされがちだが、実は重要。

ここもキーワードをしっかり入れた文章を投稿した方が反応は良かった。上位表示に何らかの影響を与えていると思われる。

201405111

6.外部リンク評価はある(と思う)

内部評価が判らない部分もあるので一概には言えないが、外部施策を行った所、順位が顕著に改善するパターンが多い。

  • Twitterで告知
  • Facebookで告知
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク(2014/5現在稼働中)
  • その他外部サイトからのリンク

驚くべき事に、終了したはずのYahoo!ブックマークが再開している。

201405110

なので使いましょう

7.クリック率

検索結果の2ページ目に入った当たりから重要なのはクリックレート。先に上げた謳い文句もここで効いてくる。併せて配慮したいのが商品写真だ。

クリックしたくなる写真というのが重要で、上位にある写真と互角以上の写真を用意すべきである。これは検索順位だけでなく、売り上げ全体に関わる事。

8.売れている順とキーワード関連順

Yahoo!トップ(http://www.yahoo.co.jp/)から検索するとキーワード関連順で並び、Yahoo!ショッピング内で検索すると「売れている順」になる。参入した時点では「売れている順」では上位にならない。(当たり前だが)

狙うのは「キーワード関連度」である。この順位をトラッキングしよう。

これを着実に上げて行く事がポイントである。この時、1つの商品に絞ってはいけない。

最低、3〜5アイテムを同じキーワードで平行して施策して行こう。最初にトップ+商品ページ数ページしか無い状態では上がらない。上げる時には一般的なSEO同様にYahoo!ショッピング内のコンテンツの充実が必要なのである。

9.スパムに手を染めない

スパム的手法、つまり意図的に順位を上げる手段は少なからずある。

例えば、先に上げたクリックの話や、外部リンクの話もそうである。また売れている順なら「空売り」(自分で買う)等でも上げられるようだが、大概の場合、ろくなことは無い。仮にバレたり、仕様変更になった場合、損するのは自分である。

Yahoo!ショッピングという枠組みの中でペナルティをくらい、検索上位になる可能性を潰されたらまず売れない。この事実は重要だ。

10.ショートスパンで改善する

特定のキーワードで上げる事が難しいと感じたら商品を追加して別ワードもテストしよう。

特にトラフィックの動向に注意すべきである。Yahoo!ショッピングには専用の解析ツールが有るので、その操作方法に関してはヘルプを熟読すべきだ。アクセス解析は必須と行って良い。

生活がかかっているだけに、皆が必死であり、故に厳しい勝負になるとは思うが、それでも楽天よりは頑張りがいが有るのではと思う。是非ともYahoo!ショッピングのSEOを理解してアプローチしてみて欲しい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このサイトのテンプレート

このページの先頭へ