オムニチャネルって何?接触機会と定期配送

オムニチャネルとは全てのメディア(ユーザとの接点)で自分の店舗の露出をし、ユーザとの接点を作り、顧客を囲い込むための販売戦略を指す。オムニ(Omni)=「全ての」、チャネル(channel)において「購入」できる事を意味しECとリアル店舗が直接の競合になりうる新たな展開を意味している。

ロジスティックが行き着いた先

チェーンストアは、大型の効率的な調達と集客によりコストを圧縮し、より多くのものを、より多く販売する事で利益を生む。

一方のECは更に一歩押し進めて、店舗経費すら圧縮した販売形態で価格勝負する。地域、場所を問わない変わりに「商品を体験できない」「(顧客への)配送コストが掛かる」という2つの理由から、「生鮮食品」「日用品」「単価の安い商品」などで利用されるケースは少なかった。

競争優位制に欠けるためである。

直接対決は無いかに思えたこの2つが、対決せざるを得ない事情が生じつつ有る。

Amazonの挑戦

口火を切ったのはECの王者、Amazonだ。圧倒的な顧客と配送システムを武器に、「日用品のまとめ買い」で食品、日用品の購入意識のハードルを下げ、更に生鮮食品の提供に踏み切った(米国の一部)。

これはヤバいね。AMAZON DASH – 声やスキャンで買い物メモ

三河屋を目指せ

AMAZON DASHが目指す所は「三河屋さん」的存在。

「いや〜、そろそろ切れる頃なんじゃないかと思いまして」
「あら、気が利くわね〜♪」

これに対しチェーンストア側の対抗戦略が地域の配送拠点に基づいたECショップ展開である。つまり、スーパー側はオンラインに進出。Amazonとは逆である。

少なくとも日本国内ではコンビニやスーパーなど配送拠点は既存のECショップよりも優位である。

地の利を活かしてECショップの侵攻を止め、自らがECショップとしてもサイト運営を行い、顧客を囲い込む事が「オムニチャネル戦略」なのである。

中小ストアにも必須

マイECサイトは中小ストアにも必須の状況が早々に来る可能性が高い。

決済システムの導入や、運用などコストの問題は生じるが、知識と人手の掛け方、そして「顔見知り」「口コミ」「フットワーク」で優位な点も少なく無い。
特に近辺の大手ストアに、そうした動きが出る前に顧客の囲い込みを狙うならマイECサイトも一考の価値はあるだろう。

ポイントは都度の買い物ではなく定期便。一定期間が過ぎたら次の商品をお届けするサービス。もちろんAmazonもやっているが、このネットすら使わなくなる戦術は中々、頭がいいのだ。

ネットから引き離して価格比較を止めさせる事でしっかり顧客囲い込みになっている。1円の差額に目くじら立てる客だけではないのだ。

配達を「閉店後」に敢て行うのも良い。働いている女性はスーパーに間に合わない時もある。電話は抵抗有るがネットで取り置き依頼なら気兼ねなくできるだろう。頼むのは奥さん、取りに行くのは旦那さんでも良いのだから、利用メリットは広がるはずだ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このサイトのテンプレート

このページの先頭へ